DAOKO×米津玄師/打上花火

この記事は約10分で読めます。

2017年8月16日リリース
作詞:米津玄師
作曲:米津玄師
編曲:米津玄師、田中隼人

DAOKO×米津玄師のシングル。「DAOKO×米津玄師」名義によるコラボレーション楽曲で、新房昭之監督のアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌に起用された。後に米津が『BOOTLEG』の収録曲でセルフカバーしている。

Billboard Japan Hot 100総合シングルチャートでは、2017年8月21日付けのチャートで3位で初登場。翌週8月28日付けで、前週に引き続きダウンロード、ストリーミング、動画再生で1位、ラジオ2位、シングルセールス11位のポイントが後押しとなって2位に上昇。特に動画再生では480万回超をマークし、長らく首位を守っていたTWICE「TT」に200万回の大差をつけて1位になった。
9月4日付けで、前週に引き続きダウンロード、ストリーミング、動画再生数で1位となり、総合首位を獲得。特に動画再生回数では、日本国内において週間約747.4万回を記録し、2位のTWICE「TT」の約246.7万回にトリプル・スコアの大差をつけた。

オリコンチャートでは、2017年8月28日付けで初登場及び最高9位を記録した。

Amazonで無料で曲を探す

DAOKO(だをこ)

中学3年生のときにニコニコ動画(以下ニコ動)の「ニコラップ」にラップを投稿し始め、ニコ動内で出会ったJinmenusagi(人面兎)の呼びかけで客演参加した楽曲での振る舞いが「LOW HIGH WHO? PRODUCTION」の主宰者に気に入られ、高校入学と同時に同レーベルと契約。

インディーズ時代は、顔を隠した状態で活動していた。後にm-floの☆Taku Takahashiに見出されm-flo + daoko名義による楽曲「IRONY」が2013年公開の映画『鷹の爪 ~美しきエリエール消臭プラス~』の主題歌に起用される。さらには映画監督の中島哲也の目にも止まり、2014年公開の映画『渇き。』では「Fog」が挿入歌に抜擢される。同2014年、庵野秀明率いるスタジオカラーによる短編映像シリーズ「日本アニメ(ーター)見本市」の第3弾作品『ME!ME!ME!』の音楽をTeddyLoidと共に担当し、世界各国から大きな注目を集める。そして大手レコード会社による争奪戦の末、2015年3月、高校卒業と同時にトイズファクトリーよりメジャーデビュー。同年10月に発売した1stシングルのアーティスト写真で素顔を公開した。

インディーズ時代の音楽性については「ラップ」「ポエトリーリーディング」「ウィスパーボイス」が作風を構成する三大要素で、ダークで内省的なリリックと美しいコーラス・ワークが相まって、独特の作品世界を構築している。
分類的にはヒップホップのカテゴリーに位置付けられるが、2010年代前半に頭角を現したDJみそしるとMCごはんなどの「ゆるふわ文化系女子ラップ」と呼称されるムーブメントに属する新世代の女性ラッパーであり、DAOKO自身も原義的な意味でのラップ(・ミュージック)やヒップホップ(・ミュージック)のカルチャーに音楽的なルーツを持っていない。

音楽活動の一方、2017年に小説「ワンルーム・シーサイド・ステップ」を執筆しKADOKAWAより刊行。 2019年は写真と絵の初個展 ”DAOKO × SHINKAI BABA 気づきEXHIBITION『Enlightening my world』”の開催。音楽活動を中心にしながら多様なクリエイティヴ表現を続けている。 2019年6月 個人事務所「てふてふ」を設立。

インディーズ時代はdaoko名義、読み仮名には平仮名表記の「だをこ」を使用している。

生誕:1997年3月4日
出身地:東京都

活動期間:2011年 ~

米津 玄師(よねづ けんし)

米津は2009年より「ハチ」としてソロ活動を開始。おとぎ話のような物語性の色濃い楽曲がニコニコ動画上で若いユーザーを中心に人気を博した。メジャーデビュー以前は作詞・作曲・編曲だけでなく、ミュージックビデオやジャケットワークに至るビジュアルデザインまで自らこなしていた。

当時はDTMによる打ち込みが主体であり、ハチ名義で活動していた中期から、本人名義のアルバム『diorama』リリースのころには、下手をすれば不協和音になりかねないメロディラインやガチャガチャとしたリズム構成をしつつも、キャッチーさを損なわない音作りが特徴的であった。

ボカロP・ハチとしてインターネットを中心に活動したあと、2012年に本人名義のアルバム『diorama』でソロデビュー。

2018年発表の「Lemon」は、フィジカルとダウンロード累計で250万セールス超えを記録し、2年連続でのBillboard Japan Hot 100年間チャート首位を記録。自身最大のヒット曲及び2018年最大のヒット曲となった。また、同曲は平成生まれのアーティストで、史上初の300万ダウンロードを超えた曲となった。

生誕:1991年3月10日
出身地:徳島県徳島市

活動期間:2009年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました