cosMo@暴走P feat. 初音ミク/初音ミクの消失

この記事は約10分で読めます。

2008年4月8日リリース
作詞:cosMo@暴走P
作曲:cosMo@暴走P

2010年までに約400万回の再生数を記録する高い人気を得た、cosMo@暴走Pの代表曲。あえて人間らしさとかけ離れた方向を目指しており、BPM240もの高いテンポで、高速度で歌詞を紡ぐ歌となっている。
その速さから同曲は、通信カラオケ大手のJOYSOUNDが2011年に発表した「難しすぎて歌えない曲」のランキングで1位に選ばれている。リズムアクションゲーム『初音ミク -Project DIVA-』では、収録された曲の中でも高い難易度を誇るとされる。

「初音ミクの消失」という曲名は、これより先に発表した曲が「初音ミクの暴走」であったことから、小説『涼宮ハルヒシリーズ』の5巻『涼宮ハルヒの暴走』、4巻『涼宮ハルヒの消失』のタイトルより着想を得てつけられたもので、cosMoは2011年のインタビューで「もうちょっと自分のちゃんとしたオリジナルタイトルを考えておけばよかった」と語っている。

Amazonで無料で曲を探す

cosMo@暴走P(コスモアットぼうそうピー)

cosMoはVOCALOID2初音ミクのブームの黎明期から活躍するクリエイターの一人。あえて人間らしい歌にすることにはこだわらず、高いテンポと高速でまくし立てる物語性のある歌詞などで人気を集める。

楽曲では物語を表現することを重視しており、サークル「CHEMICAL SYSTEM LE」のメンバーであるGAiAが作詞を行った曲も、作品の物語について細かく打ち合わせをしているという。元々イラストレーターを目指していたこともあり、曲を動画で発表する際のイラストも手がける。

音楽は6歳から16歳までピアノを学び、大学時代に曲を作り始めmuzieにてインストルメンタル曲の発表を行う。作曲は独学で、元々はイラストのサイトに誘導する目論見で音楽を作っていたのだという。初音ミクについては同じmuzieで活動していたOSTER projectが使用しているのを見たことをきっかけに興味を持ち、2007年10月よりニコニコ動画での楽曲発表を行い人気を集めるようになった。元々cosMoの名前で活動しており暴走Pという名前はニコニコ動画で2曲目に発表した「初音ミクの暴走」からつけられたものである(Pはプロデューサーの略)。

ニコニコ動画での楽曲発表や自主制作CDのリリースを行うとともに、2009年に女性歌手真優やチップチューンのミュージシャンヒゲドライバーとのコラボレートアルバムをLOiDよりリリース。2010年には「こすもたんCD出した方がいいって!」とデッドボールPから勧められたことをきっかけにアルバム『初音ミクの消失』をEXIT TUNESよりリリースし、メジャーデビューした。

cosMoは同一の世界観を描いた物語調の楽曲をシリーズ作品として発表しており、アルバム『初音ミクの消失』には初音ミクそのものをテーマとした「消失」シリーズ、真優とのコラボレーションのアルバム『少女の空想庭園+』には借り物のキャラクターでない完全オリジナルの物語を目指した「空想庭園」シリーズの楽曲が収録されている。

また、音楽作品以外に、2012年に「消失」シリーズを元にした小説『初音ミクの消失-小説版-』、2014年に「星ノ少女ト幻奏楽土」シリーズを元にした小説『星ノ少女ト幻奏楽土』、2015年に「僕は空気が嫁ない」を元にした小説『僕は空気が嫁ない~オルタナティヴ・リミックス~』、「少女の空想庭園」シリーズを元にした小説『少女の空想庭園 〜わたし”たち”のファンタジア! ! 〜』が発売されている。

生誕:1986年4月6日


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました