アン・ルイス/六本木心中

この記事は約7分で読めます。

1984年10月5日リリース(オリジナルバージョン)
作詞:湯川れい子
作曲:NOBODY
編曲:伊藤銀次

アン・ルイスの23枚目のシングル。合同酒精「ワリッカ・ハイボールCAN」CMソング。有線・カラオケで根強く支持され、ロングヒットとなった。オリコン発表の売上枚数は29.6万枚。
六本木が舞台の楽曲だが、歌詞に「六本木」は出てこない。

アン・ルイス(Ann Lewis、本名:アン・リンダ・ルイス)

父親がアメリカ人(アメリカ海軍の軍人)で母親が日本人のハーフ。兵庫県神戸市に生まれ、横浜市中区本牧に在った米海軍の住宅街ベイサイドコートで育つ。

1971年2月25日に、ビクターレコードよりシングル「白い週末」でデビュー。当初はグラビアアイドルやアイドル歌謡を中心に活動する中、1974年に「グッド・バイ・マイ・ラブ」がヒット。その後、ロック(歌謡ロックと言われる場合もある)に転向し1970年代後半から1980年代にかけて「ラ・セゾン」や「六本木心中」「あゝ無情」などのヒット曲を放った。

2013年4月6日、元夫の桑名正博と息子の美勇士で親子3人共演CDを同年10月に発売すると同時に、これをもって完全にアン・ルイスが芸能界から引退することが発表された。

生誕:1956年6月5日
出身地:兵庫県神戸市
活動期間:1971年 ~ 1981年、1982年 ~ 1999年、2005年 ~ 2013年


※情報はウィキペディアより
※2021年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました