海原千里・万里/大阪ラプソディー

この記事は約6分で読めます。

1976年2月25日リリース
作詞:山上路夫
作曲:猪俣公章
編曲:藤田はじめ

漫才コンビ・海原千里・万里のシングル曲。大阪の街の見どころに触れつつ、恋人同士の心情をも描いた作品である。曲中には大阪の名所がいくつも織り込まれている。このシングルは40万枚程の売り上げがあった。なお、歌のメインパートは海原千里が歌い、サブは万里が歌っている。

Amazonで無料で曲を探す

海原千里・万里(うなばらせんり・まり)

海原万里と海原千里の実姉妹からなる漫才コンビ。1970年代に人気を博した。

千里の中学校卒業後の1971年に海原お浜・小浜に入門し、すでにデビュー予定であった万里が相方の失踪で急遽姉妹漫才コンビとしてデビュー。

1977年、千里が上沼真平(のちに関西テレビ取締役エグゼクティブプロデューサー)と結婚したため、コンビを解消した。

メンバー:海原万里(現・芦川百々子、1949年11月29日生まれ)、海原千里(現・上沼恵美子、1955年4月13日生まれ)
活動期間:1971年 ~ 1977年


※情報はウィキペディアより
※2021年2月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました