プリンセスプリンセス/M

この記事は約8分で読めます。

1989年4月21日リリース
作詞:富田京子
作曲:奥居香
編曲:PRINCESS PRINCESS

プリンセス プリンセスの7枚目のシングル。前年1988年にリリースされたアルバム『LET’S GET CRAZY』からのカットで、プリンセス・プリンセスの代表曲のひとつに数えられる曲でもあるが、タイアップはなく、当初は単なるB面の曲でしかなかった。

この曲には富田がイニシャル“M”の男性と破局した切ない思いを、その“仕返し”のつもりで歌詞にし、奥居が曲をつけて完成したといういきさつがある。なお、奥居は当時、ロック色を全面に出したバンドにしたいとしていたことから、バラードであるこの曲は相応しくないとしてボツにしようとしていた。しかし周りのスタッフに止められて本作収録に至ったという。

プリンセス プリンセス

1983年、TDKレコード主催のもとでガールズバンド結成のためのオーディションが行われることが発表。2月20日に各パートごとの最終オーディションが行われ、5人が選出される。

当初のバンド名は「赤坂小町(あかさかこまち)」。このバンド名の由来については、「当時のTDKレコードの所在地であった『赤坂』から」、「『漢字4文字のバンド名をつけてほしい』と依頼されたある雑誌編集者によって名付けられた」、「雑誌上での公募で付けられた」など多くの説がある。

1984年3月21日、TDKレコードより、シングル「放課後授業」でデビュー。1986年5月、バンド名を「PRINCESS PRINCESS」へと改名し(名づけ親はムーンライダーズの岡田徹)、ミニアルバム『Kissで犯罪(クライム)』でCBSソニー(現:ソニー・ミュージックエンタテインメント)よりデビュー。

以降、ガールズバンドのパイオニアとなりヒット曲を連発する。略称は『プリプリ』。

メンバー:奥居香、中山加奈子、渡辺敦子、今野登茂子、富田京子
活動期間:1983年 ~ 1996年、2012年 ~ 2016年


※情報はウィキペディアより
※2021年3月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました