中村美律子/河内おとこ節

この記事は約5分で読めます。

1989年6月28日リリース
作詞:石本美由起
作曲:岡千秋
編曲:池多孝春

中村の代表曲のひとつである。NHKの『NHK紅白歌合戦』では、1992年・第43回の初出場時を皮切りに、1995年・第46回、1998年・第49回、2002年・第53回、2004年・第55回、2008年・第59回、2009年・第60回、2010年・第61回と、合計8回も歌唱された。これは石川さゆりの「天城越え」(2016年・第67回)の通算10回、及び同じく石川の「津軽海峡・冬景色」(2015年・第66回)の通算9回の次いで、一歌手による歌唱記録である。

Amazonで無料で曲を探す

中村 美律子(なかむらみつこ)

大阪では絶大な人気を誇る。河内音頭や浪曲などをベースに情感を込めて歌う。ヒット曲に「河内おとこ節」「島田のブンブン」「瞼の母」「人生桜」「だんじり」などがある。

生誕:1950年7月31日
出身地:大阪府東大阪市

活動期間:1986年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年1月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました