加山雄三/旅人よ

この記事は約6分で読めます。

1966年10月15日リリース
作詞:岩谷時子
作曲:弾厚作

加山 雄三(かやま ゆうぞう)

本名は池端 直亮(いけはた なおあき)。タレント業のほか、音楽家としてギタリスト・ピアニスト・ウクレレ奏者、画家としても活動している。ニックネームは若大将。作曲家として弾 厚作(だん こうさく)のペンネームを用いる。

慶應義塾大学法学部政治学科卒業後の1960年春に東宝へ入社。同年『男対男』で映画デビュー。当時、同じく有楽町にあった渡辺プロにも一時期在籍。

1961年、「夜の太陽」で歌手デビュー。NHK『NHK紅白歌合戦』出場17回。代表曲多数。後のフォークソングやニューミュージック全盛時代に先立つ、日本におけるシンガーソングライターの草分け的存在であり、また日本ではじめて多重録音を手がけた歌手でもある。

生誕:1937年4月11日
出身地:神奈川県茅ヶ崎市

活動期間:1960年 ~


※情報はウィキペディアより
※2021年2月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました