Official髭男dism/Pretender

この記事は約10分で読めます。

2019年5月15日リリース
作詞:藤原聡
作曲:藤原聡
編曲:Official髭男dism

Official髭男dismの2作目のシングル。映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』の主題歌。初めて映画主題歌に起用され、同作のドラマ版に引き続きの起用となった。

バンドの楽曲の中でミュージックビデオのYouTube内での再生回数が一番多く、2019年11月27日にバンドでは初となる1億回再生を突破し、2020年5月24日に2億回再生を超え、2021年3月21日に3億回再生を突破した。その他にも広瀬香美や、EXILEのATSUSHIやまふまふ、PENTATONIXなどの多くのアーティストがYouTubeにカバー動画をアップロードするなどの多くの反応を呼び、バンド最大のヒット曲となっている。

ストリーミング・チャート「Billboard Japan Streaming Songs」では、2019年6月から2020年1月にかけて34週連続で1位を獲得した。

Amazonで無料で曲を探す

Official髭男dism(オフィシャルひげだんディズム)

2012年6月7日結成。藤原聡が島根大学在学中、同じ軽音楽部の先輩だった楢﨑、後輩だった松浦、学外で仲が良かった小笹に声をかけた。2012年7月7日に初ライブ。2014年3月2日、第8回 V-air あまばん2013 グランプリ大会にて「愛なんだが…」でグランプリを受賞。

2018年4月11日に1stシングル『ノーダウト』でポニーキャニオンからメジャーデビュー。インディーズアーティストとして初めて月9ドラマ主題歌に起用され、Billboard Japan Hot 100で16週連続チャートインを記録。MTV VMAJ 2018で最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞を受賞した。

2019年5月15日に2ndシングル『Pretender』を発売。表題曲は映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』の主題歌 の書き下ろし楽曲で、2019年6月3日付のオリコン週間ストリーミングランキングで、237.1万回で1位を獲得。あいみょんの連続記録を23週でストップさせる記録を樹立した。同ランキングでの1位は初。

2019年11月14日に『第70回NHK紅白歌合戦』への初出場が発表された。曲目は「Pretender」。

2020年3月30日付のBillboard Japan Streaming Songsで、「I LOVE…」が980万回再生を達成し、歴代最高週間再生数記録を大幅更新。また、6週連続1位を獲得した。

バンド名の名付け親は楢﨑で、「とにかくインパクト大だったから、これにしようってなった」、「耳で聞いたときのインパクトもそうだし、漢字とローマ字の組み合わせも珍しいから、視覚的にも覚えやすいんじゃないかなって」という理由でつけられた。また「Official」については「特に意味はありません!」、「本当に何もないんです(笑)。髭男dismだけだと、なんかちょっと違うなって思って。Officialをつけた方が僕(楢﨑)の中では美しいなって思っただけなんです。」と述べている。あとづけで「髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたい」という意味が込められた。

メンバー:藤原聡、小笹大輔、楢﨑誠、松浦匡希
活動期間:2012年


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました