工藤静香/慟哭

この記事は約7分で読めます。

1993年2月3日リリース
作詞:中島みゆき
作曲:後藤次利
編曲:後藤次利

工藤静香通算18枚目のシングル。フジテレビ系月曜9時枠ドラマ『あの日に帰りたい』(1993年1月11日〜3月22日放送)の主題歌。工藤静香最大の売上記録。

作詞を担当した中島みゆきが、同年10月21日に発売したアルバム『時代-Time goes around-』でセルフカバーをしている。 同じく中島みゆきの著書『愛が好きです II(歌詞&エッセイ集)』では、書き下ろしエッセイに「うるわしの工藤静香さま」というタイトルがあり、中島が「FU-JI-TSU」、「MUGO・ん…色っぽい」、そして「慟哭」の詞を提供した際のエピソードがコミカルに書かれている。

Amazonで無料で曲を探す

工藤 静香(くどう しずか)

小学生の時には劇団「東俳」に所属。1984年、中学2年生の時に、第3回「ミス・セブンティーンコンテスト」(応募総数は歴代最大18万325人)に出場し、特別賞を受賞した。同コンテストの出場者には、後に同じグループとなる国生さゆり、渡辺満里奈の他、渡辺美里、松本典子、網浜直子、麻倉あきら、清原亜希などがいた。
同年、同コンテスト出身の木村亜希(後の清原亜希)、柴田くに子(後の森丘祥子)と”セブンティーンクラブ”を結成し、翌1985年1月にCBSソニーからレコードデビュー。しかし、2枚のシングルを発表し解散。

高校へ進学後の1986年5月、事務所の勧めで出演したフジテレビ系『夕やけニャンニャン』のオーディションコーナー「ザ・スカウト アイドルを探せ!」で合格し、おニャン子クラブの会員番号38番となる。

1987年8月31日の『夕やけニャンニャン』最終回放映日に発売となったシングル「禁断のテレパシー」でソロデビューし、オリコン1位を記録した。以後、1980年代後半から1990年代後半に渡りヒット曲を連発した。1980年代後半に最も活躍した女性アイドル4人(工藤静香、中山美穂、南野陽子、浅香唯)は女性アイドル四天王と呼ばれていた。

生誕:1970年4月14日
出身地:東京都

活動期間:1984年


※情報はウィキペディアより
※2021年4月時点の情報

タイトルとURLをコピーしました