『おせんべい』の豆知識を紹介!歴史から味のヒミツまでが分かる「おせんべナビ」:No.6「うるち米ともち米の違い」

この記事は約1分で読めます。

子どもから大人まで好きなお菓子の1つ『おせんべい』。

醤油味から塩味、そのほかのオリジナルな味までたくさんありますよね。

そんな『おせんべい』のちょっとした知識を、亀田製菓から販売されている「ソフトサラダ」裏面の「おせんべナビ」から引用させていただきます。

『おせんべい』の豆知識を知れば、より美味しく食べられること間違い無いですよ!

No.6「うるち米ともち米の違い」

お米に含まれるでんぷんには「アミロペクチン」と「アミロース」の2種類があります。

もち米は100%がアミロペクチンで、うるち米は約20%のアミロースを含んでいます。

アミロースを多く含むうるち米を使用すると、かたい米菓になる傾向があります。

No.7「おせんべいとかきもち(おかき)の違い」

タイトルとURLをコピーしました