【5月30日再開】横浜で開催の「バンクシー展」体験レポート。見どころや展示内容を紹介!

この記事は約2分で読めます。

世界で100万人以上を動員した、今話題のアーティスト『バンクシー』日本初の展覧会「バンクシー展 天才か反逆者か」。

横浜駅直結のアソビルにて2020年3月15日から開催されていましたが、新型コロナウイルスの影響でしばらく中止となっていました。

その『バンクシー』の展覧会が、緊急事態宣言解除により5月30日(土)から再開されることになりました。

3月下旬まではイベントを行っていましたので、今回その時の模様を紹介します。
興味ある方は、イベント行く際の参考にどうぞ!

イベントの見どころ

2018年からモスクワ、サンクトペテルブルク、マドリード、リスボン、香港の世界5都市を巡回した本展覧会。

世界的有名な『バンクシー』の作品が観られるのはもちろんですが、本展覧会の一番の特徴は過去最大級規模の70点以上の作品が集結しているところ。(しかも写真OK。だったはず)

世界のアートシーンに衝撃を与えた数々の作品をじっくりと楽しむことができます。

展示内容

一度は見たことがあるであろう作品から有名キャラを使った風刺画まで、様々な作品を展示。

映像コーナーから始まり、テーマに沿った展示コーナーやパレスチナに建てられたホテルの再現などいろいろな形で『バンクシー』の作品を楽しめます。

そのほか会場の外も、壁面にタイトルが描かれていたりフォトスポットがあったりと、『バンクシー』一色となっていました。

東京や大阪でも『バンクシー』の展覧会が行われるそうですが、今観られるのは横浜のアソビルだけ。

どの会場よりも先駆けて、いち早く有名アーティストの作品を楽しんでみてはいかがでしょうか?

イベント概要

イベント概要

■バンクシー展 天才か反逆者か
期間:2020年3月15日(日)~9月27日(日) ※5月30日(土)から再開
時間:10:00~20:30(最終入場20:00)※会期中無休
料金:<平日>大人 1,800円、大・専・高 1,600円、中学生以下 1,200円
   <平日>大人 2,000円、大・専・高 1,800円、中学生以下 1,400円
場所:アソビル(神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル2F)
公式サイト:https://banksyexhibition.jp/

タイトルとURLをコピーしました