ダイ・ハード/ラスト・デイ

この記事は約1分で読めます。

初作から25年目、前作から6年ぶりに制作された、シリーズ5作目である。

原題は、インディアンの言葉である「死ぬにはいい日だ(=“It’s a good day to die.”)」をもじったもの。なお、日本ではPG12指定を受けている。

モスクワで殺人を犯し逮捕された息子のジャックに会いに行ったマクレーン刑事が、ロシアの政治家の陰謀に巻き込まれ、父子で活躍する、というストーリーである。

ジョン・マクレーンの息子、ジャックが登場。わずかではあるが前作に引き続いて娘のルーシーも登場し、親子の絆を前面に打ち出した作品となっている。なお、マクレーンがアメリカ国外での活躍を見せるのはシリーズ初である。


※情報はウィキペディアより
※2021年11月時点の情報

ダイ・ハード/ラスト・デイ(A Good Day to Die Hard)

公開年:2013年
監督:ジョン・ムーア
出演:ブルース・ウィリス ほか

>作品詳細はコチラ

タイトルとURLをコピーしました