ターミネーター:ニュー・フェイト

この記事は約1分で読めます。

アメリカのSFアクション映画。「ターミネーター」シリーズの第6作目であり、『ターミネーター2』(1991年)の続編で、『ターミネーター3』(2003年)、『ターミネーター4』(2009年)、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(2015年)の別の時間軸が舞台となっている。

主演はリンダ・ハミルトンとアーノルド・シュワルツェネッガーで、それぞれサラ・コナーとT-800ターミネーターを演じ、23年ぶりの再会を果たしている。

本作は、1億3000万ドルもの損失を出し、興行的には大失敗となり、今後の映画化の計画は中止された。


※情報はウィキペディアより
※2021年11月時点の情報

ターミネーター:ニュー・フェイト(原題:Terminator:Dark Fate)

公開年:2019年
監督:ティム・ミラー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー ほか

>作品詳細はコチラ

タイトルとURLをコピーしました