新解釈・三國志

この記事は約1分で読めます。

本ページはプロモーションが含まれています

脚本と監督は福田雄一。主演は大泉洋で、福田が監督を務めた映画作品への出演は本作が初となる。

『三國志』を福田自身による新たな解釈のもとで映画化しており、例えば劉備であれば『水曜どうでしょう』内での大泉のような、将軍らしいことを口にしないという形となっている。

また、福田は「劉備を大泉がやらないなら撮影する必要がなく、スケジュール調整に3年を要してまでも撮影したかった」と語っている。

素の大泉のキャラクターを活かすため、あえて役作りをさせないようクランクイン直前まで福田は大泉に台本を渡さなかった。

30日間無料!TSUTAYAのサブスクなら、旧作DVD借り放題で楽しめる!
>>詳細は【TSUTAYA DISCAS】 から


※情報はウィキペディアより
※2022年6月時点の情報

新解釈・三國志(しんかいしゃく・さんごくし)

公開年:2020年
監督:福田雄一
出演:大泉洋 ほか

>作品詳細はコチラ

タイトルとURLをコピーしました