なくもんか

この記事は約1分で読めます。

キャッチコピーは「これは“泣ける喜劇”か“笑える悲劇”か!?」。

舞台となる善人通り商店街とハムカツ山ちゃんの家は東宝スタジオの特大ステージに建てられたセットである。当初はロケーションで考えられていたが、時間や天候の都合を考えるとセット撮影が最適であると判断された。

スタッフは都内や近郊の大小様々な商店街を回り理想の商店街を作り出した。参考になった商店街は武蔵小山、戸越銀座、砂町銀座、横浜六角橋など。またリアリティを出すために敢えて既存の店舗(薬局やコインパーキングなど)の見慣れた看板を取り入れたり、傾斜のある坂を作ったりした。

さらにセットの奥にはミニチュアを作り遠近法を用いた事で、奥行き感がさらにリアリティが演出された。

30日間無料!TSUTAYAのサブスクなら、旧作DVD借り放題で楽しめる!
>>詳細は【TSUTAYA DISCAS】 から


※情報はウィキペディアより
※2022年2月時点の情報

なくもんか

公開年:2009年
監督:水田伸生
出演:阿部サダヲ ほか

>作品詳細はコチラ

タイトルとURLをコピーしました