ミッドナイト・イン・パリ

この記事は約1分で読めます。

パリで撮影したスペイン製作によるアメリカ映画。ウディ・アレンが脚本と監督を務め、第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞した。

アレンは「パリの真夜中」というタイトルを思いつき、そこからプロットを構築していく方法を用いて脚本を執筆した。

アレンは当初主人公ギルのキャラクターを東海岸のインテリとして描いていたが、ウィルソンが東海岸の人物に感じられなかったため、ギルをカリフォルニア出身という設定に改めた。

アレンによるとウィルソンは自然な演技をする人で、「演技をしているのではなく、その場で喋っている人間のように感じられた」という。


※情報はウィキペディアより
※2021年11月時点の情報

ミッドナイト・イン・パリ(Midnight in Paris)

公開年:2011年
監督:ウディ・アレン
出演:オーウェン・ウィルソン ほか

>作品詳細はコチラ

タイトルとURLをコピーしました