大統領の執事の涙

この記事は約1分で読めます。

アンサンブルキャストによるアメリカの歴史ドラマ映画。2011年に亡くなったローラ・ジスキンが最後にプロデュースした作品である。

ユージン・アレンの実生活に触発を受けた内容となっており、フォレスト・ウィテカー演じるアフリカ系アメリカ人のホワイトハウスバトラー(執事)のセシル・ゲインズの視点で、彼の34年の任期中に起こった20世紀の事件が描かれる。

なお、製作費3,000万ドルに対し、世界興行収入は1億3000万ドルを超えた。

30日間無料!TSUTAYAのサブスクなら、旧作DVD借り放題で楽しめる!
>>詳細は【TSUTAYA DISCAS】 から


※情報はウィキペディアより
※2022年5月時点の情報

大統領の執事の涙(だいとうりょうのしつじのなみだ、原題:Lee Daniels' The Butler)

公開年:2013年
監督:リー・ダニエルズ
出演:フォレスト・ウィテカー ほか

>作品詳細はコチラ

タイトルとURLをコピーしました