ドラゴン・タトゥーの女

この記事は約1分で読めます。

スティーグ・ラーソンの推理小説『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』を原作としており、2009年に公開されたスウェーデン版映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』に次ぐハリウッド映画化である。

第84回アカデミー賞で編集賞を受賞。また、ドイツの大手金融サービス会社アリアンツ・グループから、「2011年最もリスクの高い映画賞」を受賞。

映画製作中には、車やバイクの追跡シーンや、銃や拷問器具を使った戦闘シーンなどが多く、保険専門家に冷や汗をかかせたという。

30日間無料!TSUTAYAのサブスクなら、旧作DVD借り放題で楽しめる!
>>詳細は【TSUTAYA DISCAS】 から


※情報はウィキペディアより
※2021年11月時点の情報

ドラゴン・タトゥーの女(ドラゴン・タトゥーのおんな、原題:The Girl with the Dragon Tattoo)

公開年:2011年
監督:デイビッド・フィンチャー
出演:ダニエル・クレイグ ほか

>作品詳細はコチラ

タイトルとURLをコピーしました