黄色い涙

この記事は約1分で読めます。

永島慎二の漫画作品『若者たち』が原作。監督をつとめた犬童一心が、中学生の頃にテレビドラマ版を見たときに感動し、ずっと映画化したいと思い続けた。そして念願が叶い、2006年に自らの手で実現した。

映画では嵐の5人が、1960年代の日本を背景にそれぞれ夢を追い求める青年を演じる。

1963年、翌年にアジアで初のオリンピック開催をひかえた東京の街は、工事とビルラッシュが至る所で行われ、首都がメガロポリスに変貌していく前夜の様相を呈していた。
この年の晩秋、都心からわずかに逸れた中央線沿線の町、阿佐ヶ谷界隈を舞台に夢を語らう5人の若者たちを描く。

30日間無料!TSUTAYAのサブスクなら、旧作DVD借り放題で楽しめる!
>>詳細は【TSUTAYA DISCAS】 から


※情報はウィキペディアより
※2022年2月時点の情報

黄色い涙(きいろいなみだ)

公開年:2007年
監督:犬童一心
出演:二宮和也 ほか

>作品詳細はコチラ

タイトルとURLをコピーしました