時をかける少女 (2010)

この記事は約1分で読めます。

筒井康隆の小説『時をかける少女』の4度目の映画化作品。

原作の主人公・芳山和子の一人娘・芳山あかりを主人公に、女子高生のあかりが交通事故で昏睡状態に陥った母の頼みで母の初恋相手・深町一夫に会うため2010年から1970年代へタイムリープする。

谷口正晃監督の長編デビュー作で、主演は2006年のアニメ映画版で声の主演を務めた仲里依紗が演じた。

30日間無料!TSUTAYAのサブスクなら、旧作DVD借り放題で楽しめる!
>>詳細は【TSUTAYA DISCAS】 から


※情報はウィキペディアより
※2021年11月時点の情報

時をかける少女(ときをかけるしょうじょ、英題:Time Traveller, The Girl Who Leapt Through Time)

公開年:2010年
監督:谷口正晃
出演:仲里依紗 ほか

>作品詳細はコチラ

タイトルとURLをコピーしました