運び屋

この記事は約1分で読めます。

アメリカ合衆国の犯罪映画。原案は『ニューヨーク・タイムズ』のサム・ドルニックの記事「The Sinaloa Cartel’s 90-Year-Old Drug Mule」であり、脚本はニック・シェンクが執筆した。

80歳代でシナロア・カルテルの麻薬の運び屋となった第二次世界大戦の退役軍人であるレオ・シャープの実話に基づいている。

イーストウッドの映画出演は2012年の『人生の特等席』以来のことであり、自身の監督作品での出演は2008年の『グラン・トリノ』以来となる。


※情報はウィキペディアより
※2021年11月時点の情報

運び屋(はこびや【原題:The Mule】)

公開年:2018年
監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド ほか

>作品詳細はコチラ

タイトルとURLをコピーしました