映画

僕だけがいない街

過去に戻る力(通称リバイバル)を持つ主人公が、過去に戻り自分と周囲の人々を襲う悲劇を回避する三部けいによるサスペンス漫画が原作。前半は比較的原作に沿った流れだが、尺の問題や撮影当時まだ原作が完結していないこともあり、途中から大きく異なった展開へと変わっていく。
映画

後妻業の女

黒川博行の小説『後妻業』(ごさいぎょう)が原作。黒川と交友のある歌人・道浦母都子の父親に起こった事件をモデルとした、高齢者の遺産を狙った犯罪を題材とする推理小説。
映画

コーヒーが冷めないうちに

川口俊和による小説『コーヒーが冷めないうちに』『この嘘がばれないうちに』を原作として映画化。過去に戻ることができると噂の喫茶店を舞台に、4つの奇跡の物語を描く。
映画

小さいおうち

元女中のタキが、自身の回想録を元に、かつて奉公していた「赤い三角屋根の小さいおうち」に住んでいた平井家のことを顧みながら、ある「密やかな恋愛」について回顧する物語。
映画

万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-

松岡圭祐による推理小説のシリーズ第9巻『万能鑑定士Qの事件簿IX』を原作に映画化。映像版で単体作になるため『事件簿I』からいくつかの要素を織り込み脚色している。
映画

天地明察

映画の内容は、山崎闇斎が、改暦作業に渋川春海の後見として積極的な役割を果たし、反対派の襲撃を受けて死亡するなど、原作・史実と異なる点があり、このことはエンディングロールのあとで断られている。
映画

検察側の罪人

「時効」をストーリーの着想の端緒とし、検事を作品の主題として選んでおり、取材には元検察官の郷原信郎が協力している。
映画

マスカレード・ホテル

舞台となった架空のホテルは、巻末に取材協力団体として紹介されている日本橋の「ロイヤルパークホテル」がモデルになったと推察される。
映画

大統領の執事の涙

ユージン・アレンの実生活に触発を受けた内容となっており、フォレスト・ウィテカー演じるアフリカ系アメリカ人のホワイトハウスバトラー(執事)のセシル・ゲインズの視点で、彼の34年の任期中に起こった20世紀の事件が描かれる。